NEXT TRAVEL

旅をより身近に、よりリアルに

【マレーシア旅】一章 自転車を海外に運ぶなら準備をしておかないとアホをみる。

約 4 分
【マレーシア旅】一章 自転車を海外に運ぶなら準備をしておかないとアホをみる。
The following two tabs change content below.

gagayuta1990

NEXTTRANSIT運営代表/VRトラベラー/サイクルトラベラー make hub airport −誰もが人生の目的に向かっていく中継地点を創ろう −をテーマに、場所や環境に依存せずやりたいことをしている人や手法を紹介するメディア「 NEXTTRANSIT」、このブログである「ガアガアトラベル」を運営しています。自転車インスタグラマー。愛称:ガアガア

マレーシアにあるランカウイ島で、2017年の最後を締めくくることにした。

自転車を海外に持って行くと決めたのだが、事前準備を入念して置くべきだったと今になって思う。

危うく飛行機を乗り過ごすところだった。

①自転車の輪行バックはデカすぎる

『大きい物は嫌煙される』

肌身を受けて痛感したことだった。

今回持って行った輪行バックは、空輸用の物。クッションが入っており、車体が守られる仕様になっている。その分、幅を取る。

横幅のサイズは通常のキャリーバッグ3つ分くらいある。

縦の厚みはそこまでではないものと総重量19.4kg。運べる荷物の量としてはギリギリを攻めている大きさだ。

事前申請しておくと便利だった

通常のデポジットでも一苦労だった。そもそもの大きさが規定サイズを超過しているらしい。(重さのことしか考えてなかったので、サイズの規定については調べていなかった。)

サイズが大きいので通常の預かりの仕方だと対応出来ないよう。

事前申請が出来ので、そのほうがスムーズですよ!とJALの受付の方に教えて貰った。

時間に余裕があったので今回は助かった。空港で引き止められる等のトラブルを避けるためにも大きなサイズの荷物を持ち込むときは事前申請して置いたほうがいい!

タクシーが乗せてくれないぞ?

11:00フライト、現地時間18:00(日本時間よりマレーシアは1時間遅いため乗っていた時間は7時間)

現地まで着き、一つ目の不安であった国際線の荷物は無事届いた。しかも自転車だけ別にカートで準備してくれている!ひとまず問題はなさそうだ。

クアラルンプールで一泊し翌日エアアジアでランカウイ島へ向かう予定。ホテルに自転車を持っていく予定だった。

どこにある?その大きいタクシーの受付は!

タクシーで、ホテルまで行こうと思っていたがサイズが大きすぎる別の窓口に行けと言われ、教えて貰った場所にそもそも受付がない。

確かに普通のサイズではないから、セダンタイプの車には乗せられないよなー。盲目でした。日本でも空輸用の輪行バックだったらタクシーは乗せて貰えないだろう。

持っていかずに預ける選択

結局、タクシーを探すより預けてしまった方が速いじゃん!ということになった。

空港の預け場所に尋ねると、一度検査を通して貰えればいいよと言って貰えた。

料金は1500円程度。名古屋から成田へ移動しそこから飛行機でという強行スケジュールで来たため、即決。預けてホテルに向かうことに。

これが、吉となるか凶となるか。

②あれ、これ飛行機に間に合うか?

『国際線と国内線は一駅分の距離があると知らなかった』

クアラルンプールには2つの空港がありKULとKUL2がある。

何が起きたかというとホテルから来てタクシーで降ろして貰ったのが別の空港だったのだ!

これはまずい、9:00までにはチェックインしないといけないがまず空港の行き方が分からない。

走る可能性もあったので嫁ちゃんには一度国内線側のKUL2で待機して貰い、一人で向かうことに。

タクシー乗り場に行き、急いでるから運んできてと伝えるが無料の乗り合いバスがあるからそっちに乗れとアナウンスを受ける。

乗り合いバスすぐ来ないじゃん!

乗り合いバスだからすぐに来ない。涙

焦りまくっていたので再度タクシーチケット売り場へ行き、『有料でも構わないから出してくれ!』と伝える。

タクシーの運転手さんに移動中、輪行バックをとったらすぐに戻ってくれと伝えるこの大きさだと運べないとのこと。

電車が一番速い!と教えて貰えた。

(最初から、電車でいけばよかったじゃんと嫁ちゃんに後日言われたが)

8:50に無事目的の搭乗口に着くことが出来た。

今回の教訓

事前申請をして置いたほうがいい。

アクシデントに備えて、明日の動きを明確にしておく。

前途多難ですなぁ。

次はエアアジアの輪行リビューを書きます!

メインカテゴリー

[colwrap] [col3]

ー自転車ー

ロードバイクを通販で買う

ポタリング 自転車さんぽ旅

[/col3] [col3]

ー旅ー

マレーシアどんなところ?

1度は行きたい!しまなみ海道

[/col3] [col3]

ー道具ー

THETAS360°カメラの使い方

家電レンタル「Rentio」

[/col3] [/colwrap]

[colwrap] [col3]

ー生き方ー

何故旅をするのだろう

捨てる覚悟が必要だ

[/col3] [col3]

ーお金ー

お金のことって大切

20代のうちに知っておきたい

[/col3] [col3]

ーブログー

2017年10月目標

旅ブロガーが少ない理由

[/col3] [/colwrap]

About The Author

gagayuta1990
NEXTTRANSIT運営代表/VRトラベラー/サイクルトラベラー
make hub airport −誰もが人生の目的に向かっていく中継地点を創ろう −をテーマに、場所や環境に依存せずやりたいことをしている人や手法を紹介するメディア「 NEXTTRANSIT」、このブログである「ガアガアトラベル」を運営しています。自転車インスタグラマー。愛称:ガアガア
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)